将棋掲示板の使い方

1.動作環境
 本掲示板は、柿木義一さん製作のJava applet Kifu for Java 、及びFireworksさん製作のアニメーション付棋譜再現プレーヤー フラ盤 を使用しておりますので、将棋盤を見るにはJava又はFlashを有効にする必要があります。

2.使用方法

 2−1.棋譜の閲覧

  2−1−1.Kifu for Javaを使用する場合
   1)将棋掲示板の各記事の右上にある「Kifu for Java」リンクをクリックして下さい。フレームページの左半分に将棋盤が表示されます。
   2)画面上部にボタンが9つありますので、真ん中のボタン(>ボタン)をクリックして下さい。着手を進行させることができます。

  2−1−2.フラ盤を使用する場合
   1)将棋掲示板の各記事の右上にある「フラ盤」リンクをクリックして下さい。フレームページの左半分に将棋盤が表示されます。
   2)画面右上にボタンが8つありますので、上段右から2番目のボタン(>ボタン)をクリックして下さい。着手を進行させることができます。

 2−2.棋譜の投稿
   通信ゲームセンターTaisen 将棋倶楽部24 近代将棋道場 Yahoo!ゲーム 等の対局サイトで指した将棋の棋譜を、将棋掲示板に投稿(アップロード)することができます。

  2−2−1.通信ゲームセンターTaisenの場合
   通信ゲームセンターTaisenで対局した将棋の棋譜は、kifファイル(拡張子がkif)となります。
   1)将棋掲示板の「添付ファイル」の入力欄にて、投稿したいkifファイルを指定します。
   2)後はコメント等をつけて記事を投稿して下さい。

  2−2−2.将棋倶楽部24や近代将棋道場の場合
   1)予め、NotepadやWordPad等のテキストエディタを用い、新規テキスト文書を用意しておきます。
   2)「将棋倶楽部24」の対局盤の上にある「棋譜」ボタンをクリックして、アプレットウィンドウを開きます。
   3)ShiftキーとCtrlキーを押しながらEndキーを押し(全文選択)、次いでCtrlキーを押しながらCキーを押します(コピー)。
   4)新規テキスト文書上で、Ctrlキーを押しながらVキーを押します(貼り付け)。これでテキスト形式の棋譜ファイルが作成されましたので、適当な場所に保存して下さい。
   5)将棋掲示板の「添付ファイル」の入力欄にて、投稿したいテキスト形式の棋譜ファイルを指定します。
   6)後はコメント等をつけて記事を投稿して下さい。

  2−2−3.Yahoo!ゲームの場合
   1)予め、NotepadやWordPad等のテキストエディタを用い、新規テキスト文書を用意しておきます。
   2)棋譜送信サービスで送られてくるメール本文中、「この棋譜送信メールにお心当たりが無い場合には〜」より上の棋譜部分をドラッグし、Ctrlキーを押しながらCキーを押します(コピー)。
   3)新規テキスト文書上で、Ctrlキーを押しながらVキーを押します(貼り付け)。作成したテキスト文書を適当な場所に保存して下さい。
   4)下記2−3−1の手順を参考にして、作成したテキスト文書をKifu for Windows(またはKifu for Macintosh)により開き、kif形式で保存して下さい。これでKifu for javaへの読み込みが可能な棋譜ファイルが作成されました。
   5)将棋掲示板の「添付ファイル」の入力欄にて、投稿したいkifファイルを指定します。
   6)後はコメント等をつけて記事を投稿して下さい。

 2−3.棋譜の作成および編集(Kifu for Windows(またはKifu for Macintosh)を利用する方法)
  棋譜の作成および編集には、柿木義一さん製作の Kifu for Windows をダウンロードして利用するのが便利です(推奨)。Macintoshユーザーの方は、同じく柿木義一さん製作の Kifu for Macintosh で、ほぼ同様の手順により棋譜を作成、編集することが出来ます。

  2−3−1.掲示されている棋譜を元に着手を追加、変更して棋譜を作成し、投稿する場合
   1)まず、元記事に添付されている棋譜ファイルを、適当な場所に保存します。
   2)保存した棋譜ファイルを右クリックし、「プログラムを開く」→「プログラムの選択」をクリックします。
   3)「ファイルを開くプログラムの選択」の画面が表示されますので、「Kifu for Windows」を選択します。
     (注意点)「この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う」の箇所には、チェックを入れないようにして下さい。
   4)画面上部にボタンがありますので、右から3番目の三角形ボタンをクリックして下さい。棋譜の最終局面が表示されます。必要に応じて右から7番目の三角形ボタンを用いて変更箇所(分岐点)まで着手を戻した後、ボタンの更に上にあるツールバーの左から2番目にある「編集」をクリックし、下から6番目にある「現局面以降の棋譜を削除」をクリックして下さい。次いで、左から9番目にある「継」ボタンを押した後、手順を追加して下さい。

   

   5)棋譜の編集が終わりましたら、ツールバーの一番左にある「ファイル」をクリックし、次いで上から3番目にある「名前を付けて保存」をクリックして、kifファイルを適当な場所に保存して下さい。
     (注意点)Macintoshユーザーの方は、ファイル名を○○○.txtのようにして下さい(.txtをファイル名の末尾に加えて下さい)。でないと添付ファイルが認識されません。
   6)将棋掲示板の「添付ファイル」の入力欄にて、投稿したいkif(又はtxt)ファイルを指定します。
   7)後はコメント等をつけて記事を投稿して下さい。
   
  2−3−2.Kifu for Windows(またはKifu for Macintosh)を利用して自分で新規に棋譜を作成し、投稿する場合
   1)まず、 Kifu for Windows 、または Kifu for Macintosh を起動して下さい。
   2)駒落ちの場合や詰将棋の問題を出題したい場合等、初期局面を変更したい時は、ツールバーの右から3番目にある「盤面編集」をクリックし、次いで一番上にある「盤面編集の開始」をクリックして下さい。盤面編集だけでなく、手番変更等も行うことが出来ます(例えば駒落ちでは上手が先手になりますので、下手から見た局面を表示するには「手番変更」が必要となります)。盤面の編集が終わりましたら、再度ツールバーの右から3番目にある「盤面編集」をクリックし、次いで一番上にある「盤面編集の終了」をクリックして下さい。
   3)左から9番目にある「継」ボタンを押した後、手順を追加して下さい。棋譜の編集が終わりましたら、ツールバーの一番左にある「ファイル」をクリックし、次いで上から3番目にある「名前を付けて保存」をクリックして、kifファイルを適当な場所に保存して下さい。
     (注意点)Macintoshユーザーの方は、ファイル名を○○○.txtのようにして下さい(.txtをファイル名の末尾に加えて下さい)。でないと添付ファイルが認識されません。
   4)将棋掲示板の「添付ファイル」の入力欄にて、投稿したいkifファイルを指定します。
   5)後はコメント等をつけて記事を投稿して下さい。

 2−4.画像のアップロード
  盤面の画像をアップロードし、アルバム機能を利用して次の一手問題集などの目次とすることが出来ます。ここでは棋譜エディタとして、 Kifu for Windows を用いた場合について説明します。
  1)まず、Kifu for Windowsで盤面を入力します。
  2)白黒の盤面を出力する場合、上部メニューの「ファイル(F)」→「印刷プレビュー(V)」→「局面(B)」で白黒の盤面を表示させます。次いで「Alt」キーを押しながら「PrtSc」キーを押し、盤面の画像をコピーします。
  3)「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「ペイント」でペイントを開きます。
  4)右クリック→「貼り付け」で盤面を貼り付けます。画像を編集した後、作成した画像をGIFファイルとして保存して下さい。
  5)また、カラーの盤面を出力する場合は、上部メニューの「ファイル(F)」→「画像の保存(I)」で、盤面の画像をGIFファイルとして保存して下さい。
  6)掲示板の「添付ファイル」の入力欄にて、投稿したいGIF形式の画像を指定します。
  7)後はコメント等をつけて記事を投稿して下さい。